冷えとり靴下、本当に効くの?いろいろ試してみました!

2017.12.22 | 126 views

いつも足が冷たい!末端が冷える!など冷えに悩む女性は多いのではないでしょうか。30代の筆者も冷えに悩む1人です。夏でもエアコンで足が冷え、職場でも靴下やレッグウォーマーをつけています。そんな私が巷で話題の「冷え取り靴下」なるものを試してみました!

 

 

冷え取り靴下とその効果とは?

 

足を温めることで、血行を良くすることで体温が上がります。体温アップは健康にはかかせません。温泉やお風呂に入るとリラックスできますよね、靴下は手軽に足を温める方法として最適です。
東洋医学では足元には内臓のツボが集中しているとも言われているので、健康効果もあるとか。

 

実際にいろいろ試してみました。

様々な冷え取り靴下があるなか、気になるものを3つ選んで1週間履いてみました。感想をご紹介します。

 

①重ね履きソックス

よく言われる重ね履きというものです。最初に「吸湿性」「放湿性」に優れているシルクの靴下を履き、その上に綿の靴下を履くのが一番良い組み合わせとのこと。実際にはくと確かに温かい!保温という意味ではかなり期待できそうです。ですが、重ねて履いている分すこし締め付けが強く、足の指が動かせないので窮屈にも感じます。また、外に行くとしたら靴が履きづらいので、家専用といったところでしょうか。あとは洗濯物が2倍の量になります。でも温かいです。

 

②5本指ソックス

メリットは足の指を自由に動かすことができる点です。足指の動きが活発になることで血行の改善を促すことができ、冷え性対策に効果があるとのこと。確かに履くと足の指がうごくので、使用感は◎です。家の中で動き回ったり、靴を履いて外に出ても快適です。足指の間の汗を吸い取ってくれるのもいいです。ただ正直あまり温かくないというのが感想です。ですが、ちょっと足を保温したくで、かつ快適さを重視する方にはおすすめです。むくみ対策にもなりそうですね。

 

③遠赤外線ソックス

面白い靴下を見つけたので履いてみました。5本指の快適さもあり、この上に普段の靴下を重ね履きして保温もできるという優れものだそうです。靴下が半分なので重ね履きも可能ですし、遠赤外線効果でじわじわ温まっている体感がありました。足うらを刺激するツブツブも気持ちがいいですね。足指の動きやすさも良さそうです。すこし値段が高いのがネックですが、冷えに悩んでいるのであれば一度試してみてもよいと思います。

 

めんげんってなに?

東洋医学では「めんげん」と呼ばれる好転反応があるそうです。いわゆる「毒出し」のことだそうで、冷えを改善することで身体のなかにたまった毒素を排出され、そのサインとして身体がだるくなったり、吹き出物がでるということがあるそうです。インターネットで調べるとこの「めんげん」がでた!という方がいるのですが、私の場合は1週間履いても起きませんでした。

まとめ

冷え取り靴下をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。実際に試すとどの靴下も一長一短でしたが、どれも一定の効果はありました。家や職場、季節に応じて変えてみるのもよいと思います。自分に合った1足を見つけましょう!お悩みの方は是非試してみてください。