膝がポキポキ鳴るのはなんで?4つの原因と対処法

2017.12.20 | 88 views

膝を曲げると「ポキポキ」と鳴ることありますよね。痛みが伴わなくても気になるものです。この記事ではこの「ポキポキ」の原因と自身でできるクイック対処法をご紹介します。

 

膝の「ポキポキ」の原因は?

そもそも膝がポキポキ鳴るのはどうしてなのでしょうか。ここではその原因をまとめました。

 

●膝ポキポキの原因その1 ~関節液の音~
膝を構成する4つの関節、大腿骨(だいたいこつ)、脛骨(けいこつ)、腓骨(ひこつ)、膝蓋骨(しつがいこつ)の繋ぎ目の部分には関節包という袋があります。関節を曲げたときなどに関節方の中にある関節液に気泡が生じ、この気泡がはじけたときに膝がポキポキと鳴ります。

 

●膝ポキポキの原因その2 ~変形性膝関節症~
膝関節の骨や軟骨がすり減り、変形している状態です。加齢や長年の膝への負担が原因とされることが多いです。膝がきしむような違和感があるのが特徴で、膝の動かしはじめに音が鳴り、痛みを伴うこともあります。

 

●膝ポキポキの原因その3 ~膝蓋軟骨軟化症~
膝の皿の裏側にある軟骨が大腿骨とこすれてすり減ってしまうことで炎症を起こし、痛みが出たり音が鳴ったりします。膝をよく使う人や体の歪みによって起こりやすい症状です。

 

●膝ポキポキの原因その4 ~タナ障害~
「タナ」とは膝の皿と大腿骨の間にあるひだ状の膜のことで、このタナが炎症を起こした状態がタナ障害です。タナは膝を曲げ伸ばしする際に痛みを感じ、音が鳴ることがあります。

 

 

膝の「ポキポキ」への3つの対処法

膝のポキポキは体が発する信号でもあります。状態が深刻化する前に対処することが大切です。ここでは膝のポキポキへの対処方法を3つ説明します。

 

●膝ポキポキの対処方法その1 ~ストレッチ~

 

自宅でも空いた時間に簡単にできるストレッチの紹介です。上の写真のように仰向けに寝た状態で、膝を曲げて胸の方まで持ってきます。その状態で5秒間動きを止めて、その後ゆっくりと足を伸ばします。この動作を5回ほど行い、反対側の足も同様に曲げ伸ばしを行ってください。膝は常に自分の体重を支えている部位なので、関節を広げて血行を促進するこのストレッチはとても重要です。特に朝起きたときや、お風呂上りに行うと効果的ですので是非毎日の習慣にしてみてください。

 

●膝ポキポキの対処方法その2 ~適度な運動~
膝の関節に負担がかかってしまうと症状が悪化してしまうことがあるので、膝関節への負荷をかけずに周りの筋肉を鍛えることも大切です。
そこでオススメしたいのがプールです。水中での運動は陸上で運動するよりも膝関節への負担がかなり軽減されます。それでいて効果も大きいのでオススメです。全身を使って泳ぐのもいいですが、水中を歩くだけでも相当な効果が期待できるので、泳ぐのが苦手という方でも気楽に始めることができると思います。

 

●膝ポキポキの対処方法その3 ~食生活の見直し~
膝への負担を軽減するためには食生活を見直すことも必要です。暴飲暴食をせず、栄養バランスの取れた食事が大切です。揚げ物や菓子、ジュースなどの食べすぎは体重の増加に繋がりやすく、上半身を支える膝の関節に大きな負担がかかってしまいます。カロリーの高い食品はなるべく控え、野菜類を多く摂取することを心がけましょう。また骨や筋肉を丈夫にすることも忘れてはいけません。栄養バランスの取れた食事はもちろん、特にたんぱく質を十分に摂取することで筋肉を強化することが効果的です。

 

まとめ

ここまで膝ポキポキの原因と対処方法を説明してきましたがいかがでしたか。痛みがない場合はそこまで気にする必要はありませんが、膝のポキポキは体からの信号ですので、ポキポキ音がおかしい場合や音が鳴る回数が異常に多いとき、痛みが深刻な場合などは早めに病院に行くことをおすすめします。

この記事の監修

関口 由紀
女性泌尿器科医   ・医学博士 ・横浜市立大学客員教授 ・日本泌尿器科学会専門医 ・日本東洋医学会専門医   横浜市立大学大学院医学研究科修了、平成17年横浜元町女性医療クリニック・LUNA開業。 現在女性医療クリニックLUNAグループとして4つのクリニックで総合的な女性医療を行っている。