首こり解消法はツボ・ストレッチ・枕!すべて解説します

2017.12.21 | 105 views

肩こりに並んで親並みの多い首コリ。デスクワークで何時間もパソコンを見たり、前傾姿勢で作業する人でお悩みの方は多いと思います。今回は、そんな方へ、ツボ、ストレッチ、枕など、クイックにできる解消法をご紹介します。

 

手軽に出来るツボ押し

ツボ押しはどこでも道具も使わず出来るので、手軽なこり解消方法です。

 

●風池(ふうち)・天柱(てんちゅう)
首のコリ、目の疲れに効果のあるツボです。デスクワークやスマホ疲れを解消するために刺激しましょう。親指でツボを探します、指圧して痛気持ちいいところがツボです。ツボを見つけたら指圧をするのですが、手だけで押すと疲れるので、頭を指に押し付けるように動かすと良いでしょう。

 

●肩井(けんせい)
肩井は肩コリ、肩こりからくる頭痛、目の疲れに効果があります。首と一緒に肩がこる方も多いので、このツボ刺激すると良いでしょう。

 

*ツボの場所
「風池」は、首筋のやや外側、うなじの窪みのところにあります。
「天柱」は「風池」から親指1本分内側寄りのやや下にあります。
「肩井」は、首を前に曲げたときに、首の付け根のでっぱる骨と肩先の真ん中にあります。

 

 

気持ち良い!すっきりストレッチ

簡単に出来て、首こりに効果的なストレッチをご紹介します。道具もいらないので、ご自宅でもオフィスでも気になったときにすぐ実践できます。痛みのある時はストレッチは避けましょう。

 

・簡単ストレッチ1.鎖骨まわりをほぐす。

自分の手のひらや指先で揉みほぐします。30秒以上かけて片方ずつ、左右ほぐしていきましょう。2〜3セット行ってください。

 

 

・簡単ストレッチ2.肩まわりをほぐす

肩を回すことで、鎖骨が上下に動きます。肩甲骨まわりをほぐしていきましょう。両肩に手を置いて大きく回しましょう。まずは同時に後ろに回します。ヒジが前に来る時に、くっつきそうなくらい近づけてください。前方と後方にそれぞれ10回ずつまわします。

 



 

・簡単ストレッチ3.肩甲骨まわりをほぐす
肩甲骨をめいっぱい寄せて、日常生活にない刺激をくわえることで、反対側にある胸が広がります。両手を後ろ手に組んだ状態で体を前にかがめまていきまう。組んだ両手が天井を向くようにしましょう。20秒ほど体勢を維持して、ゆっくり戻していきます。

 

 

簡単にコリ解消♪健康グッズ

●グリグリ棒
首こり解消グッズの定番です。
手の届かない体の背面を刺激することが出来ます。力をいれずに出来るので、長時間刺激すことが出来ます。テレビを見ながら、本を読みながらなど、~しながらグリグリ首を刺激すると良いでしょう。

 

●宮坂整体枕
人生の1/3は睡眠です。合わない枕や、弾力の失われた枕は首や肩を痛める原因に。枕で理想の寝姿勢になれるので、首の圧迫感を無くして、コリを解消してくれます。眠りの満足感が上がるので、翌朝の爽快感も得られるでしょう。

 

●バスキュート
コリの解消は血行を改善することも大切です。お風呂で温まりながら筋肉を刺激することで、より大きな効果が得られます。背中や足も場所を変えれば刺激することができます。いつものお風呂がより楽しくなりそうです。

 

まとめ

首コリ解消法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。手軽に出来るものから初めてて、毎日スッキリと過ごしたいですね。

この記事の監修

宮坂 年子
みやさか整体院 院長 東京肘圧整体スクール 副校長 宮坂 年子(みやさか としこ)  スポーツトレーナーや整形外科クリニックにてリハビリメディカルトレーナーに従事。 平成13年みやさか整体院を開院。平成24年から、東京肘圧整体スクールの副校長となる。 著書『宮坂式 大人の眠り体操』